1曲で何度も美味しい・・・オルガン曲

オルガンは1台1台みんな違います。
同じストップでもそれぞれに特徴があります。
同じ曲を同じようなストップで弾いても、
オルガンによって表情が変わります。

また、ストップの選び方を変えるだけでも、
曲の雰囲気ががらりと変わります。
演奏法でも変わります。

同じ曲なのに、様々な表現ができる・・・
オルガンて、だから面白い!

だいぶ前ですが、ベルリンのカテドラルでのミサの後奏が、
私が卒業演奏で弾いた曲だったので、行ってみたら。。。。

全く違う曲に聞こえました(爆)

リズムの取り方が斬新で、しばらく

「あれ?今日はブルーンスじゃなかった?」

と目をパチクリしてしまいました。


今日、レッスンで、これまた過去にやった曲をもっていったのですが
(今度の先生はどんな解釈か興味があった)
これまた違うんですね。
アーティキュレーションの基本は同じなのですが、
細かいところがちょっとずつ違っていて、
とても勉強になりました。
レジストレーションも、

「へ~~~」

と思うところもあって、新たな発見です。

オルガンって、本当に奥が深く面白いです。
[PR]

by cecilia_orgel | 2011-09-26 20:40 | おるがん