カテゴリ:まいにち( 36 )

お疲れさまでした

a0116364_18512542.jpg


私のオルガンの恩師は、今年大学を退官となりました。
恩師M先生との出会いは、中学のとき。
中学から大学まで続くプロテスタントミッションスクールでの出会いです。
当時、中高の教員だったM先生には中学2年で音楽を教えていただきました。

私の学校の礼拝では音楽の先生が奏楽を担当されていました。
どの先生も上手にオルガンを弾かれるのですが、なかでもM先生が弾くオルガン曲はちょっと違う。
マニアックというか・・・
その後、M先生はオルガンが専攻だったことを知りました。
そのM先生、私が高校2年になるときに退職され、大学の講師となられました。

その高校を卒業してから私は教会でオルガンを弾くようになり、
M先生にレッスンをお願いしたこともありました。
そして、
「やっぱりオルガンを勉強しよう」
と、心に決めた時も、先生に相談しました。
それからずっとオルガンを教えていただきました。

先生は常に前を向いて歩いておられ、
いつも「学ぶこと」を大切にされていました。
そして、ご自分が学ばれたことを惜しむこと無く、私たち弟子に教えて下さいました。
なかなか講習会などに出られない私にとって、
先生からの新しい研究情報は本当に勉強になったものです。

先生からは
「もう、友達よね〜」
って言われるようにもなってしまいました(笑)

中学でであった時は、こんなに長く、密におつきあいするようになるとは思っても見ませんでした。
この出会いに感謝です。

先生はこの春、大学をお辞めになられ、
ご自分の時間をゆっくり楽しんでいかれると思います。
もちろん、まだまだ前に進まれると思います。

先生の最終講義(最終レッスン)の日、
私は、仲良しオルガニストとともに、先生に感謝とお疲れさまのお花を持って礼拝堂に行きました。

先生、本当に長いことお疲れさまでした。
これからも、ずっと一緒にオルガンしていきましょう!!!!
よろしくお願いします。
[PR]

by cecilia_orgel | 2012-02-02 18:51 | まいにち

日の出

a0116364_21321465.jpg


先日、日の出を見ました。

とても美しい日の出でした。

海岸線にぽつぽつと映っている松。

あの3月11日まではずっと続いていました。

嬉しい時も、悲しいときも、

平和な時も、つらい時も、

太陽は必ず昇って

私たちを照らしてくれます。

そして希望を与えてくれます。
[PR]

by cecilia_orgel | 2011-12-13 21:34 | まいにち

話したいことを思う存分

今日と言うか昨日の夜は、お友達とお酒を飲みながらのおしゃべり。
彼女は私よりお姉さんですが、オルガンを通じて知り合いました。
教会のこと、オルガンのこと、子育てのこと。
たくさんの共通話題があり、
そして、どれも、私が「話したい」ことばかり。

日常において、育児の話は、仲の良いママ友と話せますが、
オルガン、教会の話題はなかなかできません。
なので、こういう時間、私にとってはとても大事なのです。

今晩は楽しいおしゃべりができて、気分すっきり。
さ、明日のミサに遅れないように

おやすみなさい。
[PR]

by cecilia_orgel | 2011-11-13 01:10 | まいにち

お久しぶりです

ずっと放置してしまいました。

震災から3カ月が過ぎ、私の生活は元通りです。
いろいろなところで、あのときのことを思い出しますが、
しっかり前を向いて歩いていきたいと思います。

そろそろこちらも記事を書かなくちゃね~
オルガンを弾いていないので、
あまりオルガンネタは無いけれど、
過去のオルガンネタや、今の日常など書いていけたらいいな。

ブログなどは記録として残るのが良いです。
あとで読み返すと

「あ=こんなことがあったな。こんなこと考えたんだな」

って思うことができますからね♪

いろいろ忙しくて更新できませんが、
時間を見て更新したいと思います。
[PR]

by cecilia_orgel | 2011-06-24 17:46 | まいにち

品物がある幸福

地震のあと、スーパーなどお店は閉店。
コンビニも地震直後に人々が必要なものを買い求めたため(私も水など買いました)品物がなく閉店。
スーパーが相手も、何時間も並んで、ほとんど品物がない状態でした。

今、ようやく並ばないでも必要なものを買えるようになったわが町。
山のように積まれたいろいろな食品などを見て、

「スーパーに物があること」に幸せを感じました。

今まではスーパーに行けば必要なものが買える。
それが当たり前のことだと思っていました。
でも、そうではないのですね。
何らかの事情で流通が途絶えたりすれば、
それは当たり前のことではなくなってしまうのです。

種類は選べなくても必要なものを買えることが、こんなに幸せで、安心感を得られるなんて思いませんでした。

そして、それと同時に、

「こんなに物を自由に買えてごめんなさい」

と心の中で思います。

避難生活で、まだまだ大変な思いをしている方もいらっしゃるからです。

心の中で謝りながら、感謝をして買い物をさせていただいています。
[PR]

by cecilia_orgel | 2011-04-03 18:20 | まいにち

良いお天気

昨日は暖かくて春のようでした。

今日も暖かくなりそうですね。

風邪が長引き、今月はずっと体調不良が続いていましたが、

今日は元気に仕事に行けそうです(^^)

ベルリンはまだ前日かぁぁ。

-9度。

寒いですね。
[PR]

by cecilia_orgel | 2011-02-22 07:34 | まいにち

アジアご飯

a0116364_21593065.jpg

お昼は何を食べよう?

仕事が終わり買い物へ行く途中、

「そういえば、あのお店はまだあるのだろうか?」

と思って出かけたアジアンカフェ。
中心部商店街の端っこの通りからちょっと入ったとろの
とおりから引っ込んだビルの2階という
なんとも目立たないところにあったカフェ。
前に行ったのは何年前?ドイツに行く前だったと思います。

行ったのは12時半過ぎでしたが、お店は満席状態。
狭いカウンターしかなかったのですが、一人だったのでそこでOKにしました。

日替わりランチが写真のご飯。
ご飯は日本米とタイ米を選べます。
私は迷わずタイ米を選択。
辛さも選べるようで、普通よりちょっと辛めでお願いしました。

お店の中はアジア食材の香り。
この香りはベルリンを思い出させます。
アジアなのになぜベルリン?

ベルリンにはたくさんのアジアインビスがありました。
アジアファストフードのようなもの。
気軽に入って気軽に食べられる。
すぐに食べられるし、持ち帰りもできる。

日本料理屋さんもたくさんありましたが、
やはりこのお手軽価格のアジアインビスは
アジアの味が恋しい時は便利でした。

チャーハンはパラリとしていて美味しいし、
焼きそばもアジアの味で美味しい。
子どもは春巻きとワンタンスープがお気に入りでした。

ですから、アジア料理の香りをかぐとベルリンを思い出すのです。

このランチ、ちょい辛でしたが、辛い物好きの私も満足な辛さで美味しかったです。
ナンプラーもちょっとかけて・・・
[PR]

by cecilia_orgel | 2011-01-25 21:59 | まいにち

ブーツを買う

寒い日が続いています。
こんなに寒いのは久しぶりです!
でも、あのときのベルリンの寒さに比べたら・・・まだまだ暖かい?

先日、ブーツを買いました。
今まで愛用してきたブーツがついに壊れてしまったからです(涙)

愛用のブーツは今から5年ほど前にベルリンで購入しました。
ベルリンでの最初の冬。
その冬はフィンランドへも行く予定でしたので、
おしゃれなものじゃない、防寒のブーツを探していたのです。
Steglitzという地区のチェーン店(だったと思う)の靴屋さんで
そのブーツと出会いました。
色は黒。
皮製ではなく、防水加工の布(?)のブーツ。
ゴアテックスのような素材だと思います。
ふくらはぎほどの中さで内側にはボアがついています。

お店の人が
「これなら水も入らないし、寒さにも抜群ですよ~」
と言うので購入。

履いてみると、本当に暖かく、防水にも優れていました。
オシャレ度はちょっと落ちるけれど、
そこそこのデザインで防寒防水に優秀なこのブーツは、
私の冬のアイテムには欠かせないものでした。
いつまでも履いていたい・・・と思っていましたが・・・
やはり寿命でしたね。
でも十分働いてくれました。
この5年、冬はほとんどこの靴のお世話になりましたから。
お疲れ様・・と言いたいです。

新しく買ったブーツ。
今度は防寒用ではなく、街歩き用です。
ちょっとおしゃれなものにしました。
ここは日本だし・・・(笑)
でも雪の日は無理なので、そういう日にはゴアテックスのおしゃれ長靴をはくことにします。
この長靴、夏に履くと、ものすごく「暖かい」(笑)
冬も暖かいことを祈ります・・・・・
[PR]

by cecilia_orgel | 2011-01-21 22:23 | まいにち

朝の色

a0116364_065116.jpg


きびしい寒さが続いています。
先日降った少しばかりの雪が、まだ消えないところもあるという寒さです。
外に出ると、顔が痛い!!!(+o+)

朝、日の出間もないころ、
外を見たら地平線付近がほんのりピンクでとてもきれいでした。
そして

「ああ、フィンランドで見た空の色だなあ」

と2005年冬に出かけたフィンランドを思い出しました。

最初の写真は、冬至の前日のフィンランド(ロヴァニエミ)の空。
これでもお昼なんですよ~~
まるで早朝のような空ですね。
太陽がほとんど顔を出さない季節です。
なんだか夢の中にいるようでした。

きれいだったなぁぁ・・・フィンランド。
[PR]

by cecilia_orgel | 2011-01-15 00:14 | まいにち

冬の厳しさ

冬らしい寒さが続いています。
我が街は寒い方だと思いますが、
それでも、ドイツでの寒さに比べれば暖かい方なのでしょう。

昨日、今日と、先日降った少しばかりの雪が解けないほどの寒さでした。
日陰の水たまりは氷がはったままです。
吹く風は顔に突き刺さるようです。

この寒さを久しぶりに味わいながら(?)
ベルリンの冬を思い出しておりました。

今年の冬もドイツは厳しい寒さが続いているようですが、
私が滞在した最初の年はマイナス20度にもなり、
ベルリン西部の大きな湖Wannseeがしっかり凍り、
氷上散歩ができるほどでした。
身も心も引き締まるような寒さ。
今ではとても懐かしく思えます。

このブログにはベルリンの今の気温が表示されていますが、
今日はちょっと暖かいようですね。

寒さは厳しいですが、
冬至を過ぎ、日が少しずつ長くなってきていることを感じます。
そして、少しずつ春に向かっているのですよね。

ああ、今年はご復活が遅いから、春も遅いのかしら・・・・・
[PR]

by cecilia_orgel | 2011-01-08 23:11 | まいにち