カテゴリ:うた( 2 )

オペラ風バッハ・マタイ受難曲

今日は聖金曜日。
昨年購入したDVDを鑑賞しています。

a0116364_12224325.jpg


ベルリンフィルの「マタイ受難曲」(バッハ)。
この「マタイ」はちょっと変わっています。
オペラ風なのです。
合唱団もソリストも演技があります。
オケもその場その場でその演技に加わります。
このような凝った演出には賛否あるかと思いますが、
教会ではなく、コンサートホールでの「マタイ」ならではの演奏形式だと思います。

この演奏、生で聴きたかったです。

サイモン・ラトル指揮、ベルリンフィルの「ヨハネ受難曲」(バッハ)は、
2006年にフィルハーモニーで聴きました。
[PR]

by cecilia_orgel | 2013-03-29 12:19 | うた

合唱の練習

先日、合唱の練習に参加しました。
私が最初の学生時代に所属していたサークルのOB合唱団。
合唱団創立50周年記念演奏会でOBもひとステージ歌うことになったのです。

大学1年の時、
友達が見学しに行くというので、「つきあい」で見学に行って、
友人は入らず、「付き添い」の私が入団。
もともと好きだったんですよね、歌うの。
この合唱団、定期演奏会にはオケ付きで宗教曲を歌うのも気に入った一つ。

OBはすでに全国に散っているので、日本の中で2か所で並行して練習が進められます。
そんなに練習時間もないので、かつて歌ったことのある愛唱歌的な曲を歌うようです。

先日はちょっと遅れて練習会場に行ってみると、
フォーレの「ラシーヌ讃歌」を練習していました。
この曲も美しいですよね。
でも、歌詞がフランス語・・・私、読めないのです。フランス語。

会場に行くと「カタカナの歌詞」を渡されました(笑)
会場に集まった人の中で、フランス語をしっかり理解している人は・・・・いなかった(爆)
ドイツ語ならOKの人は多いのですが。
あとは指揮者に任せましょう。

練習に集まった方は私より年上の方が多かったでしょうか。
同世代も数人いて、
久しぶりの再会に話も弾みました。
お互い年をとり(笑)、高校生のお子さんがいる方もいましたが、
ここでは、気分は「大学生」。
やっぱり、大学時代の友達というものは良いですね。
総合大学なので、音楽が専門ではなく(音楽の専攻はない大学でしたから)、
まったく別分野の学びをした人ばかりですが、
音楽を追求する姿勢は相変わらずすごいです。
みんな濃いですね~~♪

これから練習に行くのが楽しみです♪
[PR]

by cecilia_orgel | 2009-05-19 09:14 | うた