カテゴリ:こども( 6 )

修学旅行

先日、長男は修学旅行に行ってきました!

行先は、広島&大阪。
広島で平和学習をし、そのあとは大阪のユニバーサルスタジオで思い切り遊ぶという旅行です。

新型インフルエンザが猛威をふるい始めたため、
「一人でも患者が出たら中止」と学校側から言われ、
6年生はみんな真剣に「手洗い、うがい」と予防に努めていました。
うちも、長男の習いごとはもちろん、次男の習い事も休ませ、
その日に備えました。

ハラハラドキドキの毎日でしたが、
無事当日を迎え、出発して行ったときは
「あ~良かった」
と思ったものでした。
途中発症したら、お呼び出しとのことでしたが、
無事全員元気に帰ってきました。

旅行はとても楽しかったようです。
そしてたくさんのことを学んできたようです。
行けて良かったね~

そして・・・・・
今、長男はインフルエンザ002.gif
日ごろから、家族の中では一番予防に努めていたのにかかってしまいました。
今は、いつ罹患してもおかしくない状況なので、
かかってしまったことは仕方がないのですが、
我が家で一番最初にかかるのは、一番無防備な次男だと思っていたのに・・・・・

40度を超えた熱も、今は落ち着いてきたようです。
解熱剤の効果かわかりませんが、
早く良くなってほしいものです。

あ、でも次がくるかも・・・・・(--)
[PR]

by cecilia_orgel | 2009-11-08 11:23 | こども

おとこのこ・おんなのこ

私が小学生の頃、
「男の子ってなんてバカなんだろう~~」って思うことがよくありました。
だって、くだらないことばかりしていたのだもの。
幼いんですよね。
そんな中にも「大人」な男の子もいました。
そういう男の子は児童会の役員などをしたり、
成績もスポーツもよくできる子でした。
そんなこと、このごろよく思い出します。

なぜ、今、そんなことを思うのか・・・
それは、我が子をみて思うのです(汗)

うちは男の子二人兄弟。
6年生と1年生です。
6年生の長男が本当に幼い。
やることなすこと、すべて幼いのです。
勉強に関しても緊迫感は、限りなく0。
くだらないことに大笑いの日々です。
その時だけがよければそれで良し。
先のことなんか全く考えてもいません。
しかも1年生の弟と同じレベルでけんかをしています。

女の子はみんなしっかりしていて、
しっかり先のことを考えて行動しているお子さんが多いです。
さすが女の子ですね。

でも、男の子だってしっかりしているお子さんはいます。
大人な男の子です。

みなさん、
「中学生になると、ぐっと大人になるのが男の子なのよ」
というのですが、
中学を女子校で過ごしてしまった私は、
そんな男の子の成長を見たことがなく、
「うちの子、しっかりするようになるのかしら?」
と不安な日々です(苦笑)

1年生の弟の方は・・・・・・
こっちのほうがしっかりしています(--;)
[PR]

by cecilia_orgel | 2009-10-21 21:06 | こども

オニヤンマ

次男が初めて教会学校のキャンプに参加しました。
今回は、ちょっと心配だったので、
私もお手伝いとして一緒に参加しました。

某修道会の施設は街中から車で30分ほどなのに、
自然がいっぱいです。

次男は虫取り網と魚用網を持って参加です。
(持ち物には入っていません)

残念ながら沢遊びはできませんでしたが、
生まれて初めての昆虫採集は実現!!!!!!

うちは長男が虫がだめで(魚もだめですが)、これまで「虫取り」はしたことがなかったのです。
大学生や中学生のお兄さんを従えてうれしそうに虫網と虫かごを持って、
野原をうろうろ。

トンボやバッタがつかまりました(捕まえてもらったのですが)
その日のうちにそれらを逃がし、
翌日は大物!オニヤンマです。
大きい……
それも逃がし、次に虫かごに入ったのは「かえる」でした(笑)

ミサでは侍者もして、
最高の二日間を過ごした次男です。

虫嫌いの方はご遠慮ください・・・
[PR]

by cecilia_orgel | 2009-07-26 23:58 | こども

おさかな

a0116364_23551114.jpg


なつやすみイベント・・・・
お魚が大好きな次男と一緒に、「無料の」(笑)イベントにでかけました。

街中のビルの1階。
水槽にはきれいな熱帯魚。
そのほか、お魚豆知識などのパネルや標本。

期待していたほどではありませんでした(苦笑)
でも、「無料」ですから・・・001.gif

水槽は5つありました。
涼しそうですね~(気温も涼しかったですが・・・)

また、期間限定で、海の生き物に触ることができました。
a0116364_051543.jpg

[PR]

by cecilia_orgel | 2009-07-24 23:59 | こども

乳歯入れ

a0116364_2362718.jpg


Milch Zaehne・・・・・乳歯のことです。
長男の乳歯が初めて抜けた時、

「はて、この抜けた歯はどうするべきだろう?」

と考えました。

昔は下の歯は、屋根に、上の歯は縁の下に・・・ってやっていた記憶があります。
でも、マンション暮らしには屋根も縁の下もありません(あ、屋根はあるけれど、遠いなぁぁ)
ゴミ箱に入れるのもなんかいやですし、
かといってどう取っておく???

最近の育児通販では乳歯を記念に保存するボックス(?)などがありますね。
どこの歯かわかるように、歯並びと尾同じに並んだ穴があり、
抜けた日にちを書き込めるようです。
でも、私はこの、木でできた小さな箱を選びました。
あるファッションビルに入っていた雑貨屋さんで見つけました。

次男も歯が抜けはじめましたが、なかなか乳歯入れを用意できず、
ずっとジプロックの中に・・

「ねえ、いつになったらお兄ちゃんみたいな箱を飼ってくれるの?」

と次男にせがまれても、
以前購入した雑貨屋さんは閉店してしまい、どこで買ったらいいものやら・・・
それから数年・・・・・・(汗)
ふらりと入った、ドイツなどの輸入の木のおもちゃを扱うお店で発見しました!
もちろん購入。
これで安心です。
手前が次男用です♪


ようやく購入したと思ったら、
今日でかけた100円ショップで、「かえる」に乳歯入れを発見・・・・なんとまぁぁ
でも購入したのがドイツ製なのでそれだけで満足!
[PR]

by cecilia_orgel | 2009-07-03 23:15 | こども

蒙古斑

日本人のようなモンゴリアンに特有の蒙古斑。
普通の蒙古斑より大きな蒙古斑をつけて生まれてきたわが子たち。
本当にすごかったのです。

まず、長男は背中全体が「薄青」状態。
次男は背中全体「打ち身ですか?」という状態。

長男のときはびっくりしました。
だって、「蒙古斑」ってお尻の上がちょっと青くなっているだけだと思っていましたから・・・・
でも、うちの子たちのようなものもあるようです。
「異所性蒙古斑」と言って、お尻以外も青い事があるのだそう。
そう、子供たちは手の甲も「点滴、失敗した?」という感じに青かったですね。

それらは、蒙古斑同様、成長するにつれ薄くなり消えるようです。
実際、子供たちのものは薄くなってきました。
手の甲は普通ですし、長男の背中も普通の色になりました。
次男はあと一歩かな?001.gif

さてさて、ドイツの幼稚園でのお話。
次男は現幼稚園に通っていました。
言葉が通じない場所になかなかなれない次男。
そのことを心配してか、ある日、私は
「明日の2時にここに来てください。お話があります」
と言われ、時間通りに行ってきました。
その時の話の一つです。

「○○の背中は青いけれど、これは触っても痛くないの?一体何なの?」

と。
私は「あ~来たか~」って思いました。
以前、夫から聞いたことがあったのです。
『「蒙古斑」のない西洋人(?)は「蒙古斑」というものを知らない。
だから、背中に青あざがあると、虐待を疑われることがある』
って。
なので、幼稚園側に説明しました。
「これは、日本人などに特有なもので、生まれた時は青いけれど、成長するとなくなってしまうもの。
触っても痛くはないので大丈夫です」
と。
幼稚園としても、不思議だったのでしょう。
それとも、虐待を疑われていたのか?(・・;)・・・・

日本にいれば当たり前のことで、誰も疑問に思わないけれど、
異国にいると、こういうことも疑問点になるんですね。

でも・・・無事・・蒙古斑の説明ができてよかった・・・・・・・・(ちゃんと伝わったよね・・・?)

このお呼び出し、もっと別な問題の方が大きかったのですが、
それはまたそのうちに・・・
[PR]

by cecilia_orgel | 2009-05-18 12:58 | こども