<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

さくら

桜は私の好きはお花の一つ。
日本人ならほとんどの人が好きなのだと思いますが。

枝いっぱいに優しいピンク色の花を咲かせる桜は
本当にきれいですね。
ぎっしり咲く「ソメイヨシノ」もきれいですし、
山桜の楚々とした花もまた美しいと思います。

次男が生まれた年はとても温かく、
生まれた日は満開の桜が美しい日でした。
もし、女の子だったならば桜にちなんだ名前を付けたことでしょう。

ベルリンにいた時も、
街の中で桜(八重桜でしたが)を見るととてもうれしくなりました。

a0116364_9524769.jpg


帰国した年の春、
いたるところに咲く桜の花に心は躍り、
幸せな満ち足りた気持ちになりました。

でも、翌年の春は桜を愛でる気持ちにはなれませんでした。

秋に病気を発症した父は
「桜を見ることはできないでしょう」
と医師団から言われていました。
そしてその言葉通り、桜どころか、クリスマスさえ迎えられずに
天に帰ってしまいました。

発症から死までの期間がとても短かったためか、
悲しみはいつまでも癒えることなく、
その年の桜も美しくは感じませんでした。
その次の年もなんだかんだと桜に心躍ることはありませんでした。
とはいっても「きれいだな」と思う気持ちはありましたが。

父の納骨のとき、
それまで気付かなかったことですが、
お墓の前に大きなしだれ桜があることに気付きました。
納骨は冬だったのでしだれ桜の芽はまだ堅いままでした。
「桜が咲くころに来てみよう」
と思ってはいたのですが、
なにかと忙しく、その機会も逃してしまいました。

今年・・・・やはり忙しい新年度の始まりでしたが、
「今年は父と花見でもしよう」
そう思って、先日出かけてきました。
まだ5分咲きの桜でしたが、
優しいピンクの花が地面につくくらいまで下がっていて
とても美しかったです。
父もきっと一緒に花を楽しんでくれたと思います。
花見酒は無かったのですが・・・(父よごめん!)

もう桜が終わったところ、今が見ごろなところ、まだつぼみのところ、
日本は同じ季節でも様々ですね。

桜が終わると新緑の季節。
楽しみです。
[PR]

by cecilia_orgel | 2010-04-24 10:02 | おもったこと

木蓮

木蓮の花、私はあまり好きではありませんでした。
なぜかというと、
花の終わり、花びらが茶色になってしまうから・・・

でも、今は木蓮、好きです。
春の訪れを感じるからです。

冬の終わり、
まだ冷たい風が吹いていても、
木蓮の芽はふくふくと大きくなっていくのが感じられます。
そして、なんとなく春の日差しを感じることになると
きれいな花を咲かせます。
木蓮の大きな木にたくさん咲いている花に、
太陽の光があたって輝いて見えます。
とってもまぶしくて、あたたかそうで、
気分もウキウキ。

春が遅いこの街の木蓮も花が咲き始めようとしています。

a0116364_921168.jpg

[PR]

by cecilia_orgel | 2010-04-09 09:21 | まいにち

復活祭も終わり・・・

a0116364_932792.jpg


復活祭も終わってしまいました。

今年はいろいろあわただしく、
しかも、四旬節に入ってから、体調不良(子供たちの)やら用事やらで、
ミサに行けない日曜日も多く、
あまり心の準備ができないままに聖週間を迎え、復活祭となってしまいました。

今年は共同回心式のオルガンだけが当たっていたので、
ちょっと気持ちが楽でした。
共同回心式では、オルガンソロの部分があったので、
ここはバッハの「O Mensch bewein dein Suende gross」を。
やはりこの曲はいいなぁぁ。
終りに近いところの半音階の音型は、十字架への道を表しているといいます。
そこを弾く時は、自分の罪深さを改めて思わされます。

今回はこれを弾き終えてもまだ行列が終わらないので、
この曲のもととなっているコラールを弾く・・・
それでも終わらないので、このコラールをもとに「なんちゃって即興」。
こういうとき、即興の技術のなさを痛感します。

でも、式の後、信者さんや神父さまから
「今日のオルガン、すごく良かったね」
といわれると嬉しいですね。
また頑張ろうという気持ちがわいてきます。

聖週間の典礼では長男は連日侍者をしました。
お疲れ様。

次男は復活祭当日、お楽しみの卵探しを十分楽しみました。
ゆで卵が大好きなので、喜びも倍増です(笑)

さあ、今日から新学期。
またいつもの生活に戻ります。
[PR]

by cecilia_orgel | 2010-04-08 09:32 | きょうかい