日の出

a0116364_21321465.jpg


先日、日の出を見ました。

とても美しい日の出でした。

海岸線にぽつぽつと映っている松。

あの3月11日まではずっと続いていました。

嬉しい時も、悲しいときも、

平和な時も、つらい時も、

太陽は必ず昇って

私たちを照らしてくれます。

そして希望を与えてくれます。
[PR]

# by cecilia_orgel | 2011-12-13 21:34 | まいにち

聖セシリアの祝日

今日、11月22日は聖セシリアの祝日。

聖セシリア

どうか、私が再び、
心から神への賛美の心をもって
オルガンを弾くことができるようになりますように。

私を導きお守りください。
[PR]

# by cecilia_orgel | 2011-11-22 22:03 | きょうかい

話したいことを思う存分

今日と言うか昨日の夜は、お友達とお酒を飲みながらのおしゃべり。
彼女は私よりお姉さんですが、オルガンを通じて知り合いました。
教会のこと、オルガンのこと、子育てのこと。
たくさんの共通話題があり、
そして、どれも、私が「話したい」ことばかり。

日常において、育児の話は、仲の良いママ友と話せますが、
オルガン、教会の話題はなかなかできません。
なので、こういう時間、私にとってはとても大事なのです。

今晩は楽しいおしゃべりができて、気分すっきり。
さ、明日のミサに遅れないように

おやすみなさい。
[PR]

# by cecilia_orgel | 2011-11-13 01:10 | まいにち

オルガンに戻る

昨年夏から教会でオルガンを弾くことをやめました。
私がオルガンを弾くことが、
「神様への祈り」「神様への賛美」「神様への感謝」では無くなってしまったから。
それから1年、自宅のボロい電子オルガンさえもほとんど弾くことはありませんでした。

今年5月あたりから始まる予定だった講座のオーディション(落ちることは無いらしい)のために
練習をしようとしても、一度折れてしまった私は、
なかなか真剣にオルガンに向かうことができなくなっていました。

気持は焦るばかり。
でも体はオルガンに向かえない。

「神様、私がオルガンを弾くことはお望みではないのですか?」

私は神様に、そう問いかけてきました。

それでもなかなか神様からの答えは来ませんでした。

「神様、なぜそんなに沈黙されているのですか?」

そうも問いかけました。

この夏、ある講習会にいきました。
私がオルガンを習う原点になった講習会。
そこでの学びで、

「やはり、私はオルガンを弾いていきたい」

そう強く思い、5月から始まるはずだった講座に申し込みをしました。
震災の影響で、講座の開講が9月になったのです。

そのあと、教会からバザーで弾いて欲しいと頼まれました。

頼まれたのは嬉しいことですが、
ずっとずっと弾いていなかった私はバザーで弾く自信がありません。
いっそ断った方が楽じゃないかとも考えました。

でも、ふっと思ったのです。

「もしかしたら、これが神様からの答えなのでは?」と。

こんなに次から次へと私をオルガンに向かわせることが起こるのですから。

そのバザーが終わりました。
私としてはかなり準備をしました。
自分なりに「ここまで準備すれば大丈夫」と思いこめるくらいに、練習しました(できる範囲で)
一週間前、急にフルートとDuoをすることにもなりました。
1週間で準備できるか不安でしたが、思い切ってやってみました。
とても勉強になりました。
演奏は、試験なら減点となる演奏だったと思いますが(汗)
自分なりには気持ちよく弾けました。
バッハは喜びをもって弾いたつもりです。

講座のレッスンも始まり、
また真剣にオルガンに向かって行こうと思います。

新たに歩んでいけることに感謝。
[PR]

# by cecilia_orgel | 2011-10-09 22:12 | おるがん

1曲で何度も美味しい・・・オルガン曲

オルガンは1台1台みんな違います。
同じストップでもそれぞれに特徴があります。
同じ曲を同じようなストップで弾いても、
オルガンによって表情が変わります。

また、ストップの選び方を変えるだけでも、
曲の雰囲気ががらりと変わります。
演奏法でも変わります。

同じ曲なのに、様々な表現ができる・・・
オルガンて、だから面白い!

だいぶ前ですが、ベルリンのカテドラルでのミサの後奏が、
私が卒業演奏で弾いた曲だったので、行ってみたら。。。。

全く違う曲に聞こえました(爆)

リズムの取り方が斬新で、しばらく

「あれ?今日はブルーンスじゃなかった?」

と目をパチクリしてしまいました。


今日、レッスンで、これまた過去にやった曲をもっていったのですが
(今度の先生はどんな解釈か興味があった)
これまた違うんですね。
アーティキュレーションの基本は同じなのですが、
細かいところがちょっとずつ違っていて、
とても勉強になりました。
レジストレーションも、

「へ~~~」

と思うところもあって、新たな発見です。

オルガンって、本当に奥が深く面白いです。
[PR]

# by cecilia_orgel | 2011-09-26 20:40 | おるがん