ふるさと

先日、震災のチャリティーコンサートで「ふるさと」を歌いました。
歌いながら、かつて住んだ町のことを思い涙がこぼれそうでした。

「山は青きふるさと 水は清きふるさと」

そう、これから先もずっとあの風景は変わらないのだと思っていました。
その風景が一瞬にして失われ、まるで廃墟のような風景に変わってしまったことは、私の心を痛め続けています。

震災から4カ月経ちました。
生活は普通に戻っても、心はもう震災前には戻れないのだと思います。時が経てば変わるかな?

亡くなられた方の永遠の安息をお祈りいたします。
[PR]

# by cecilia_orgel | 2011-07-12 00:17 | おもったこと

懐かしい人を発見

a0116364_21384535.jpg


ベルリンに住んでいた時、子どもたちを主人に預け、バッハの足跡をたどる旅に参加しました。
その時に行った、Koethen(ケーテン)。
以前「地球の迷い方」「地球の歩き方」で探したけれど、見つからなかった街です。バッハが住んでいたのだから、有名な町だと思っていたのですが・・・私の有名の基準が違うのか?私にとっては「有名」だったんだけどなぁ。

そのケーテン、思っていたよりだいぶ小さな町でした。でも、その小ささがどこか懐かしく、ほっとする街だったことを覚えています。ベルリンのような大都会に住むのも良いけれど、こういう街にも住んでみたかったな。

昨日、ふと思いだして、ある人を検索してみました。そのある人とは、私が初めてドイツに行った時に出会った人。彼は語学学校の先生でした。なぜか、ふと思い出し、検索をしてみると、博士号をとり、今は教授となっておりました。専門はコミュニケーションと外国語としてのドイツ語。その彼が今いるところが、ケーテンでした。

そういえば、バンベルクの大学に、博士号をとるために教授に会いに行くような話をしていたことを思い出しました。そうか、博士号をとり、大学教授になったのね。

写真もあったのですが、○年前と変わっていなかったです。(別に若いころの写真じゃないと思うけれど)
すごく懐かしかったなぁ。いろいろなことを思い出しました。

私が気に入っている街のケーテンに彼はいる。なんだか不思議な感じです。
またいつか、ケーテンに行く日があるでしょうか。

a0116364_21532448.jpg

[PR]

# by cecilia_orgel | 2011-07-09 21:54 | どいつ

朝早く起きて

今朝は朝早くに目覚めました。

さて何をしよう・・・

そうだ、オルガンを弾こう!

そう思って久しぶりにオルガンを弾きました。
何を弾こう。何を練習しよう。

やはりバッハかな。
いろいろ悩まないで、Orgelbuechleinのなかの手をつけていなかった曲をさらうことに。

弾きながら、やはりバッハはいいなぁと思いました。

そして、やはり教会で弾きたいです。
オルガンで神様を賛美したいです。

でも、もう弾くつもりはありません。
この地を離れれば別ですが・・・


神様が、私が教会でオルガンを弾くことをお望みならば、
いつか、その場を与えてくださることでしょう。
お望みでなければ、このまま教会で弾くことなく終わるのでしょうね。
[PR]

# by cecilia_orgel | 2011-07-02 22:26 | おるがん

お久しぶりです

ずっと放置してしまいました。

震災から3カ月が過ぎ、私の生活は元通りです。
いろいろなところで、あのときのことを思い出しますが、
しっかり前を向いて歩いていきたいと思います。

そろそろこちらも記事を書かなくちゃね~
オルガンを弾いていないので、
あまりオルガンネタは無いけれど、
過去のオルガンネタや、今の日常など書いていけたらいいな。

ブログなどは記録として残るのが良いです。
あとで読み返すと

「あ=こんなことがあったな。こんなこと考えたんだな」

って思うことができますからね♪

いろいろ忙しくて更新できませんが、
時間を見て更新したいと思います。
[PR]

# by cecilia_orgel | 2011-06-24 17:46 | まいにち

海が近くに・・・

a0116364_15364445.jpg


宮城県南部の海沿いの地域です。
福島県との境目にあります。
海沿いで県の中でも温暖な地域で、りんごや苺の栽培が盛んでした。

この地域も先月の地震による大津波で壊滅的な被害を受けました。
海岸線にそって、ずっと続いていた松林は、
ことごとくなぎ倒され、海がすぐそばに見えます。
この海沿いには、小さな集落がありましたが、
どの家も土台だけしか残っていません。

この地域に私は住んでいたことがあります。
私の家も土台だけしか残っていませんでした。
お隣の方も亡くなられたり行方不明とのことです。

玄関先に植えてあった、小さな木だけが残っていました。

Googleで宮城県南部を見てください。
そしてストリートビューも見てください。
航空写真は現在のものですが、
ストリートビューはかつてののんびりとした田舎の風景が続いています。
[PR]

# by cecilia_orgel | 2011-04-21 15:43 | おもったこと