タグ:ドイツ ( 23 ) タグの人気記事

オペラ風バッハ・マタイ受難曲

今日は聖金曜日。
昨年購入したDVDを鑑賞しています。

a0116364_12224325.jpg


ベルリンフィルの「マタイ受難曲」(バッハ)。
この「マタイ」はちょっと変わっています。
オペラ風なのです。
合唱団もソリストも演技があります。
オケもその場その場でその演技に加わります。
このような凝った演出には賛否あるかと思いますが、
教会ではなく、コンサートホールでの「マタイ」ならではの演奏形式だと思います。

この演奏、生で聴きたかったです。

サイモン・ラトル指揮、ベルリンフィルの「ヨハネ受難曲」(バッハ)は、
2006年にフィルハーモニーで聴きました。
[PR]

by cecilia_orgel | 2013-03-29 12:19 | うた

Walcha*ヴァルヒャ

先日、無性にオルガンのCDが欲しくなり、熱帯雨林書房(笑)を訪ねました。何が欲しいというあても無かったので、どれにしようかとうろうろ・・・
結局、ヘルムート・ヴァルヒャの「バッハ オルガン全集」とウルリク・シュパング=ハンセンの「ブクステフーデオルガン全集」を「ポチ」っとしてしまいました。
バッハは、マリー・クレール・アランの全集を持っていて、ブクステフーデはコープマンの全集があります。いろいろな演奏家の演奏を比べるのも面白いですし、なにしろ、「安い」のです!!!!

今回はヴァルヒャのことだけ書きますが、正直言えば、今の私はオルガンを弾いたとしても、ヴァルヒャのような弾き方はしないと思います。しかし、だからと言ってヴァルヒャを否定するつもりもありません。むしろ、彼の演奏は私の原点だと思っています。

私が中学生だった頃、お小遣いをためては、ヴァルヒャが演奏するバッハのオルガン曲のレコードを買っていました。彼の演奏が、私にとってのバッハだったのです。全盲であることを知ったときの私の驚き。信じられませんでした。

今はあの当時とは違う解釈、流れになっているように思えますが、それはそれ、これはこれで、私にとってはやはり魅力的なバッハなのです。

彼は録音の際、ストラスブールのジルバーマンオルガン、オランダのアルクマールのシュニットガーオルガンを使用していたように記憶しています。
私がアルクマールに行った時、「ここはヴァルヒャが弾いたオルガンがある街だ」と思いました。しかし、教会の名前は覚えていませんでした。適当に入った教会。後方に美しく大きなオルガンがありました。誰かがバッハのトリオソナタを練習していました。「もしかしたら・・・」と思っていましたが、やはり、ヴァルヒャが弾いたオルガンでした。偶然にも、シュニットガーオルガンの音色を聴くことができて、本当にうれしかったです。

そのCDが届きました。

これから少しずつヴァルヒャの演奏を楽しんでいきたいと思います。


ヴァルヒャ演奏 バッハのドリア調
[PR]

by cecilia_orgel | 2011-07-14 01:10 | おるがん

懐かしい人を発見

a0116364_21384535.jpg


ベルリンに住んでいた時、子どもたちを主人に預け、バッハの足跡をたどる旅に参加しました。
その時に行った、Koethen(ケーテン)。
以前「地球の迷い方」「地球の歩き方」で探したけれど、見つからなかった街です。バッハが住んでいたのだから、有名な町だと思っていたのですが・・・私の有名の基準が違うのか?私にとっては「有名」だったんだけどなぁ。

そのケーテン、思っていたよりだいぶ小さな町でした。でも、その小ささがどこか懐かしく、ほっとする街だったことを覚えています。ベルリンのような大都会に住むのも良いけれど、こういう街にも住んでみたかったな。

昨日、ふと思いだして、ある人を検索してみました。そのある人とは、私が初めてドイツに行った時に出会った人。彼は語学学校の先生でした。なぜか、ふと思い出し、検索をしてみると、博士号をとり、今は教授となっておりました。専門はコミュニケーションと外国語としてのドイツ語。その彼が今いるところが、ケーテンでした。

そういえば、バンベルクの大学に、博士号をとるために教授に会いに行くような話をしていたことを思い出しました。そうか、博士号をとり、大学教授になったのね。

写真もあったのですが、○年前と変わっていなかったです。(別に若いころの写真じゃないと思うけれど)
すごく懐かしかったなぁ。いろいろなことを思い出しました。

私が気に入っている街のケーテンに彼はいる。なんだか不思議な感じです。
またいつか、ケーテンに行く日があるでしょうか。

a0116364_21532448.jpg

[PR]

by cecilia_orgel | 2011-07-09 21:54 | どいつ

かっこいいなぁぁぁ

ベルリンの教会でのクリスマスのミサのAusgang(後奏)の音楽は、
ギルマンのソナタ第1番の終曲でした。

聴いたときは聴いたことがある音楽なのに曲名が思い出せず、
翌日の日中のミサの後、
オルガニストが下りてくるのを待って、曲名を聞きました。


こんな曲をミサで弾けるって、オルガニストの技術もそうだけど、
弾くことが許されることってすごいなあ~と思います。
今住んでいるところでは絶対あり得ないです。
だって、前奏も後奏も弾くなといわれるから・・・・・・・orz

Youtubeから・・・

ギルマン ソナタ第1番 Finale

いくつかあったYoutubeのギルマン、
この演奏が良かったなぁぁ・・・

これ、暗譜ですよね?きっと。
記憶力が衰えた私にはもう暗譜はむりだわ~
オルガンの音も私好み。ちょっときついかもしれないけれど。
華やかてきらびやかな音色ですよね。
こういう音って、鍵盤から雑に指を離すと、その粗さが目立つんですよね(汗)

いいなあ、こういう音、久しく聴いていません。

またオルガンを弾きたい・・・・
[PR]

by cecilia_orgel | 2011-01-16 00:02 | おるがん

ついに出たか!!!

ドイツにいた時、

「これって・・・どんな味・・・・?」

と思った飲み物。

Mezzomix!

コーラとファンだオレンジをミックスさせたものなのだけど、
美味しいのか美味しくないのかわからない飲み物。
実際のんで見て、特に美味しいわけじゃないけれど、まずいわけじゃない。

そういえば、高校生の時、
あるコンサートの打ち上げで他の学校の男子生徒が、
コーラにオレンジジュースを混ぜて喜んでいたっけ。
その時は
「気持ち悪いことをしている」
と思っていたけれど、
似たような発想で、商品化してしまうなんて~~~

で、先日見つけてしまいました。

a0116364_2135014.jpg


名前は違うけれど、同じものですよね~
ついに日本にも現れたか!!!
[PR]

by cecilia_orgel | 2010-07-30 21:04 | どいつ

~空~

a0116364_23544652.jpg


先日、車を走らせていたら、
モコモコ大きな雲が、
ぽっかり、ぽっかり、空に浮かんでいました。

あ~ヨーロッパの空って、
なんだかこんな雲が浮かんでいるイメージなんだよな~~~

でも違うのは、


「空が狭い!!!!!」

私が住んでいるのは街中なので、ビルがいっぱい。
見上げた青空も、ビルに隠れてとっても狭い。

もちろん、ヨーロッパだって街中は空が狭いところもあると思うけれど・・・


以前、一人でドイツに出かけた時、
ワイマールで見た空が、なぜか心に残っています。
広い青空に、白い雲がぽっかり、ぽっかり浮かんでいました。
その時の旅は、いろいろなトラブルがあって、
ちょっとHeimweh(ホームシック)になっていたこともあって、
心がギュッと締め付けられるような感じでした。
でも、そんな空が好き。

今日は、ミサの後、
ちょっと自然のあるところまで行ったので、
久しぶりに広い空を見ました。
[PR]

by cecilia_orgel | 2010-07-26 00:01 | どいつ

楽器が芸術

a0116364_20232433.jpg


オルガンは、その音楽だけでなく、
楽器そのものも芸術ですね。
新しい楽器ではこてこての装飾はあまり見られませんが、
励起してきオルガンなど、
みていて、

「ほ~~~~っ」

と思うほどの美しい楽器がいっぱいです。

チェンバロもふたに(ふたっていうのか?・・)絵が描かれていたり、
楽器そのものが芸術の楽器ですが、こちらは繊細。
オルガンは大胆な美しさがあります。

コラージュには載せられませんでしたが、
ブランデンブルク大聖堂のオルガンは
大男が必死にペダルのパイプを支えておりました(^^)

ああ、こういう美しい楽器、また会いたいなぁぁぁ・・・・・・・・
[PR]

by cecilia_orgel | 2010-06-19 20:29 | おるがん

NESTBEER

以前、mausmirabilisさんのブログで読んで気になっていたビール・・・

「常陸野NESTBEER」

先日、酒屋さんで見つけて購入しました。

a0116364_1021225.jpg


ふくろうさんのラベルが何ともかわいらしい♪
なんだか癒されます。
ぽっちゃりしたボトルも良いですね。

ヴァイツェンらしい、ふんわりとした優しい薫り。
お味の方は、ちょっと酸味があってさっぱりしています。
ドイツで飲んでいたヴァイツェンとはちょっと違うかな?
mausmirabilisさんも書かれていましたが、
ベルギービールっぽい感じです。
それだけで、なんだかおしゃれっぽい(かなり私の独断)

私がヴァイツェンを知ったのは、
初めてのドイツでのことでした。
それまでは普通にあるビール(ピルスナー)と黒ビールしか知らなかったのですが、
同じ語学学校に、某ビール会社から派遣されてきた方がいて、

「ヴァイツェンってしっているか?
日本ではこういうビールはまだ作れないんだけど・・」

といろいろ教えてもらった初めて飲みました。
今までのビールのイメージとはまた違った、新しい味との遭遇!!!

それ以来、好きになりました。

しばらくして、日本でもいろんな醸造所から「地ビール」なと出せるようになり、
国産のヴァイツェンもいろいろ出てきました。

それぞれに味が違って良いですね♪

写真・・・泡が消えていて、失敗作!
[PR]

by cecilia_orgel | 2010-06-03 10:09 | どいつ

懐かしい形(^^)

a0116364_23175648.jpg


春はキャベツの葉っぱがやわらかくて、とても美味しい

先日、スーパーに行ったらや別の山が。
その中で懐かしい形のキャベツを見つけました。

ほら、先端がとんがっているでしょう?
日本のキャベツって「丸い」ですよね。

ドイツのキャベツ、葉っぱがすごく硬いのです。
どんなに煮ても「くたっ」となりません。
でも、この写真のような、とんがったキャベツ「Spitzkohl」(とんがったキャベツという名前)は
比較的やわらかいので、
キャべツを買うときはこのキャベツばかりでした。
そういえば、ヤロマコールとかいうキャベツも柔らかかったような気もしますが。

このキャベツ、お買い上げ~~~です。
[PR]

by cecilia_orgel | 2010-05-12 23:23 | まいにち

うわ~~~寒い!!!

このブログに張り付けているベルリンのお天気。
今、真夜中ですが、



「-17度」




だそ~~です・・・・・・



凍る・・・・


冷凍庫の中ですね。


明け方になるにつれ、もっと下がるのでしょうか。

今年の寒波は半端じゃないようですね。
私が滞在した時も「-20度」という大寒波でしたが、雪はそこそこだったのではないでしょうか?
今年は雪も多いようですし、
ドイツのみなさんは大変ですね・・・

私は滞在中の大寒波で
手首を骨折。
病院のDR.は「今日は3人目だわ~」と。

ドイツのみなさん、転ばないよう気をつけてください!!!!
[PR]

by cecilia_orgel | 2010-01-27 08:25 | べるりん