タグ:大学 ( 3 ) タグの人気記事

お疲れさまでした

a0116364_18512542.jpg


私のオルガンの恩師は、今年大学を退官となりました。
恩師M先生との出会いは、中学のとき。
中学から大学まで続くプロテスタントミッションスクールでの出会いです。
当時、中高の教員だったM先生には中学2年で音楽を教えていただきました。

私の学校の礼拝では音楽の先生が奏楽を担当されていました。
どの先生も上手にオルガンを弾かれるのですが、なかでもM先生が弾くオルガン曲はちょっと違う。
マニアックというか・・・
その後、M先生はオルガンが専攻だったことを知りました。
そのM先生、私が高校2年になるときに退職され、大学の講師となられました。

その高校を卒業してから私は教会でオルガンを弾くようになり、
M先生にレッスンをお願いしたこともありました。
そして、
「やっぱりオルガンを勉強しよう」
と、心に決めた時も、先生に相談しました。
それからずっとオルガンを教えていただきました。

先生は常に前を向いて歩いておられ、
いつも「学ぶこと」を大切にされていました。
そして、ご自分が学ばれたことを惜しむこと無く、私たち弟子に教えて下さいました。
なかなか講習会などに出られない私にとって、
先生からの新しい研究情報は本当に勉強になったものです。

先生からは
「もう、友達よね〜」
って言われるようにもなってしまいました(笑)

中学でであった時は、こんなに長く、密におつきあいするようになるとは思っても見ませんでした。
この出会いに感謝です。

先生はこの春、大学をお辞めになられ、
ご自分の時間をゆっくり楽しんでいかれると思います。
もちろん、まだまだ前に進まれると思います。

先生の最終講義(最終レッスン)の日、
私は、仲良しオルガニストとともに、先生に感謝とお疲れさまのお花を持って礼拝堂に行きました。

先生、本当に長いことお疲れさまでした。
これからも、ずっと一緒にオルガンしていきましょう!!!!
よろしくお願いします。
[PR]

by cecilia_orgel | 2012-02-02 18:51 | まいにち

ドイツ語講座

今日は大学でドイツ語講座。
前回は「子守」がいなくて、お休みしてしまいました。

なにかと毎日忙しく、
自宅学習ができない日々。
今日も予習全くなしで授業に出てしまいました。

日本語での授業なので、
気持ちは楽ですが、
欲を言えば、もっとドイツ語を話したい・・・
授業中、ほとんど話すことってないんですよね。
質問だって日本語だし・・・

ドイツ人の先生だと嫌でもドイツ語で質問しなくてはいけないし
ドイツの語学学校だと、周りの仲間もさまざまな国から来た人なので、
常にドイツ語モード。
だから、間違っても何でもドイツ語が口から出てくるのです。
出てこないときは、身振り手振りで・・・

今は、それが無いです。
質問があっても、最初ドイツ語で考えて「あ、日本語か・・・」と思うことしばしば。

クラスのみなさん、文法しっかりしています。
いざ答えるとき、きちんと語尾変化させているもの。
私は、勢いに任せてしゃべるので、語尾はうやむや・・・(苦笑)
もっとしっかり話すようにしなくちゃ。

でも、もう少し、教科書から離れた会話をしたいなあ・・・・・・


って、もうしゃべれなくなっている感じですが・・・・008.gif008.gif
[PR]

by cecilia_orgel | 2009-06-13 23:04 | まいにち

合唱の練習

先日、合唱の練習に参加しました。
私が最初の学生時代に所属していたサークルのOB合唱団。
合唱団創立50周年記念演奏会でOBもひとステージ歌うことになったのです。

大学1年の時、
友達が見学しに行くというので、「つきあい」で見学に行って、
友人は入らず、「付き添い」の私が入団。
もともと好きだったんですよね、歌うの。
この合唱団、定期演奏会にはオケ付きで宗教曲を歌うのも気に入った一つ。

OBはすでに全国に散っているので、日本の中で2か所で並行して練習が進められます。
そんなに練習時間もないので、かつて歌ったことのある愛唱歌的な曲を歌うようです。

先日はちょっと遅れて練習会場に行ってみると、
フォーレの「ラシーヌ讃歌」を練習していました。
この曲も美しいですよね。
でも、歌詞がフランス語・・・私、読めないのです。フランス語。

会場に行くと「カタカナの歌詞」を渡されました(笑)
会場に集まった人の中で、フランス語をしっかり理解している人は・・・・いなかった(爆)
ドイツ語ならOKの人は多いのですが。
あとは指揮者に任せましょう。

練習に集まった方は私より年上の方が多かったでしょうか。
同世代も数人いて、
久しぶりの再会に話も弾みました。
お互い年をとり(笑)、高校生のお子さんがいる方もいましたが、
ここでは、気分は「大学生」。
やっぱり、大学時代の友達というものは良いですね。
総合大学なので、音楽が専門ではなく(音楽の専攻はない大学でしたから)、
まったく別分野の学びをした人ばかりですが、
音楽を追求する姿勢は相変わらずすごいです。
みんな濃いですね~~♪

これから練習に行くのが楽しみです♪
[PR]

by cecilia_orgel | 2009-05-19 09:14 | うた